ビタミンの力で美肌になる

化粧品

肌の奥まで浸透の優れもの

美白や抗酸化作用の働きの強さで知られているビタミンCですが、壊れやすくてそのままでは使えない、という欠点がありました。それを、安定的な形にしたものがビタミンc誘導体です。肌の奥まで浸透して、白く、若々しい肌を実現してくれます。ビタミンc誘導体は皮膚に浸透するとビタミンCに変わる、という性質があります。しかも皮膚の奥まで浸透しやすいので、表面だけではなく内側から美白や抗酸化作用など、ビタミンCの持っている嬉しい美容効果を発揮してくれるのです。肌のシミやシワが気になる、弾力がない、キメが荒い、あらゆる肌トラブルに応えてくれるのが、ビタミンc誘導体配合の化粧品なのです。化粧品を購入する時に、思わずチェックしたくなる成分、それがビタミンc誘導体と言えるでしょう。

水溶性と脂溶性

美白効果を生んだり、肌の新陳代謝を促したりと、ビタミンCの力をそのまま発揮してくれるビタミンc誘導体ですが、いくつかの種類があります。化粧品を買う時には、チェックしてみましょう。ビタミンc誘導体には水溶性、脂溶性、水溶性と脂溶性の両方の性質を兼ね備えたものと、三つの種類があります。水溶性は水と親和性がありますので、化粧水や美容液に利用されることが多く、濃度を調節しやすいという特徴があります。逆に脂溶性は油と親和性が高いのでクリームに配合されていることが多いです。また、両者の性質を兼ね備えたものは浸透力に優れているというメリットを持っています。自分はどのようなタイプの化粧品が向いているか、自分の肌の状態はどうか、などと合わせて考え、自分に合った化粧品を見つけましょう。水と油と言いますが、ビタミンc誘導体はいずれにしろ優れた働きをしてくれる、マルチな成分です。使いやすいものを選んで、美肌を目指しましょう。